アスファルト舗装をすれば劣化を止められる

道路工事の要です

舗装工事

温度管理が大切です

舗装工事と言うと、大部分の人が思いつくのがアスファルトでしょう。実際、日本のほとんどの道路がアスファルト舗装です。アスファルトは平たん性や走行性にも優れた合材であり、施工する際は高温でドロドロ下状態なので伸ばしたりし易く、施工性が高いのが特徴です。その分、アスファルト舗装の場合は素早く施工しないと出来上がりにむらができてしまったり、走行性が悪くなったり、耐久性にも問題が発生するので注意が必要です。舗装工事は、多くの建設業者が入札に参加する事ができますが、舗装工事の専門屋や自社で合材工場を持っているような工場は比較的施工がうまいです。もちろんそれ以外の業者でも、長年経験を積んだ技術屋が多ければ問題無いです。アスファルト舗装は温度管理が重要です。合材の種類によって温度の管理基準があるので、かならず工場での出荷時と現地での到着時に温度管理写真等は残しておくことが重要です。また、今まではアスファルトの舗装工事のことについて触れていますが、多くは無いですが、コンクリート舗装もあるのです。こちらの場合は高温が重要ではないですが、時間が経つと固まってしまうので、やはり時間勝負になるでしょう。どちらにしても舗装工事の場合は、雨天や降雪時はできるだけ避け、どうしても工期的にやらざるを得ない時は最新の注意を払ってやらないと、出来型不足でやり直しになってしまう可能性があるので気を付けた方が良いでしょう。